歯周病に効く食べ物・歯周病になりやすい食べ物


ヨーグルト

歯周病は、歯を失う原因として最も多くあげられる病気です。
いつまでも自分の歯で食事をしたいと思うのなら、積極的に歯周病の予防をしていかなければいけません。
「お口のケアをしっかりとする」ことは大前提として、それ以外にもできる予防法にはどんなものがあるのでしょうか?
今回は「歯周病に効く食べ物」つまり「歯周病予防に役立つ食事法」についてお話しします。

免疫力を高める乳酸菌

雑菌が繁殖し、歯茎で炎症が起きていたり膿(うみ)がたまっていたりする状態が歯周病です。
歯周病を予防するためには、この炎症や膿が出る状態を回避しなければいけません。
歯茎に雑菌が侵入しても本来の人間の機能をもってすれば退治できるはずなので、抵抗力・免疫力を高めることが歯周病の対策のひとつとしてあげられます。
人間の免疫細胞の多くは腸内にあると言われていて、腸内環境を整えることが免疫力を高めることにつながります。
ヨーグルトや乳酸菌飲料を積極的に摂取してみましょう。

弱った歯茎を修復するビタミンC

ビタミンCには人間の体の表面のあらゆる細胞の修復を促進する効果があります。
お肌への効果ばかりが注目されがちですが、口の内壁も広い意味での「お肌」です。
口内炎の対策にもビタミンCが効くとされているように、歯茎の修復にもビタミンCは高い効果を発揮します。
ビタミンCを多く含む食品といえば、緑黄色野菜・イモ類・果物などがあげられます。

かみ応えのある食品

「かむ」という行為は、唾液の分泌を促進します。
唾液は、歯周病の予防に高い効果を発揮する体の機能のひとつです。
ただし、ずっとかみ続けられるからといって「ガム」はあまりオススメできるものではありません。
ガムは後述する「糖分を多く含む食品」に該当しますし、唾液がガムに吸収されてしまい、あまり唾液による歯周病予防の効果が期待できなくなるのです。
もし、ガムをかむ場合には、キシリトール入りのものを選びましょう。

抗酸化作用のある食べ物

歯周病の原因のひとつには、口の中が酸化するという現象が上げられます。
そこで役立つのが、抗酸化作用のある食べ物です。
抗酸化作用の高い食べ物には、以下のものがあります。

  • カロチンを多く含むカボチャやニンジンなど
  • リコピンを含むトマトなど
  • アントシアニンを含むナスやブルーベリーなど
  • アリシンを含むニンニクやショウガ・ネギ類など
  • ルチンを含むそばなど
  • イソフラボンを含む大豆など
  • ポリフェノールを含む紅茶・ウーロン茶・ココア・コーヒー・緑茶など

歯周病になりやすい食べ物

最大の原因が歯垢(しこう)と言われている歯周病ですから、歯垢のもとになりやすい食品が歯周病の原因になりやすいのは当然です。
特に、ねばりのある食品は簡単な歯みがきで落としきることができないので、念入りな歯みがきをしなければいけません。
また、糖分を多く含む食品も、歯垢の形成を促進することになるため、注意が必要です。

歯周病に悪影響を与える嗜好品

タバコは「百害あって一利なし」と昔から言われていますね。
愛煙家の間では「リラックス効果などが期待できるので、一利もないとは言い切れない」という意見もあがっていますが、歯周病に関してはまさに「一利なし」と言い切ってしまって良いでしょう。
タバコのリスクとして最も多くあげられるのが肺がんですね。
しかし、タバコを吸う人と吸わない人を比較すると明らかに吸う人のほうが発病リスクが高いというデータは、肺がん以外にもさまざまな病気であがっているのです。
歯周病もそのうちのひとつです。
タバコを吸う人は歯周病を発症しやすいだけではなく、一度発症してしまうと治りにくいというデメリットも伴います。
「タバコをどうしてもやめられない」という方は、歯みがきをしっかりする・今回ご紹介した食事法を取り入れるなど、他の方法で特に意識して歯周病を予防してください。

おわりに

いかがでしたか?
今回は歯周病に効く食べ物のご紹介と、歯周病に悪影響を与える食べ物や嗜好品(しこうひん)についても触れました。
最大の予防法は念入りな歯みがきですが、普段の食生活にも意識して歯周病予防を取り入れることで、さらに発症リスクを抑えることができるでしょう。