これを知ればもう悩まない! 口臭がきつくなる原因と4つの対策


口臭に関する悩みをもっている人は、実は多いものです。

  • 自分の口臭を指摘されたことがある
  • 口が臭いのではないかと気になって人と話ができない
  • パートナーの口臭がひどい

口臭は歯をみがくだけではなかなか改善されるものではありません。
口臭には原因があり、それには健康状態が大きく関わっている場合もあります。
気になる口臭の原因が何なのかを知り、予防するためにはどうしたらよいのか、対策を考えてみましょう。
今回は、口臭の原因として考えられるものや口臭をチェックする方法、口臭の改善方法、歯医者への相談についての情報をまとめてみました。

目次

  1. 口臭の原因になっているものは?
  2. 口臭をチェックするには?
  3. 口臭を改善する方法
  4. 歯医者に相談してみよう

1.口臭の原因になっているものは?

生理的口臭

寝起きや空腹時に口臭がひどくなった経験は、誰にでもあるでしょう。
これらはすべて「生理的口臭」と呼ばれ、唾液の分泌量と関係しています。
特に口の中にトラブルがなく、体が健康な状態でも起こるもので、口臭がきつくなるのも一時的です。
寝ている間は唾液の分泌量が減少するため、口の中の細菌が増えます。
寝起きに口臭がきつくなるのはこのためで、空腹時やストレスを感じたときにも同じ理由で生理的口臭が起こります。
身体的な原因があるわけではないのであまり気にする必要はありませんが、生理的口臭があまりひどいようなら、何か別に原因がある可能性も考えられます。

歯のトラブル

生理的口臭以外で口臭の原因となっている主なものは、虫歯や歯周病などの歯のトラブルです。
虫歯になり歯に穴があくと、そこに食べ物のカスがつまって細菌が繁殖します。
その細菌がプラークとなって臭いを発するのが、口臭です。
歯周病の場合は歯と歯茎の間にプラークがたまって歯肉が炎症を起こし、細菌が増殖して口臭の原因になります。
歯周病は虫歯と違って初期症状が分かりにくいため、「口臭が気になって歯医者に行ったら歯周病だった」というケースも少なくありません。

内臓疾患

「虫歯や歯周病でもなく、口の中を清潔に保つようにしているのに口臭が気になる」と言う場合は、内臓疾患が原因になっている可能性があります。
例えば消化不良や腸の働きの乱れなどの胃腸病や肝臓病のほかに、糖尿病が口臭の原因として考えられます。
糖尿病になると唾液の分泌量が低下するため、歯周病の原因となる細菌を増殖させてしまうのです。
また、呼吸系の疾患や鼻炎が口臭の原因になっている場合もあります。

2.口臭をチェックするには?

口臭は自分では分かりにくいものですが、人に指摘されて知るのだけは避けたいですよね。
自分で口臭をチェックするにはどうしたらよいのでしょうか。

ビニール袋に息を閉じ込める

口臭をチェックするもっとも手軽な方法が、ビニール袋に息を吹き入れて自分で嗅いでみるというものです。
吹き入れてすぐだと臭いが分かりにくいので、一旦袋を閉じて新鮮な空気を吸い直してから、袋の中の息を嗅いでみてください。

オキシドールでうがい

オキシドールは酸素に反応すると気泡を発生します。
この性質を利用して、オキシドールを水で2倍に薄めたものでうがいをしてみてください。
吐き出したオキシドールに気泡が多数発生していると、口臭がきつめな可能性があります。

口臭チェッカーを利用

口臭をチェックするためのグッズとして販売されている「口臭チェッカー」を利用してみましょう。
口臭の原因である揮発性硫化物や炭化水素の濃度を、ガスセンサーによって検出する仕組みになっています。
息を吹きかけるだけで簡単に口臭チェックができますので、一度試してみてはいかがでしょうか?
持ち歩けるようなコンパクトなサイズの口臭チェッカーもありますので、大事な場面での口臭チェックに使用するのもおすすめです。

3.口臭を改善する方法

口臭の改善方法は口臭の原因によっても異なります。
どのようなものがあるかご紹介しましょう。

口臭の原因になっている疾患の治療

虫歯や歯周病などの歯のトラブルや内臓疾患、鼻炎が原因の口臭であれば、それらの疾患を治療することで改善が可能です。
口臭のほかに気になる症状はないか考えてみてください。
一度歯医者で定期健診を受けたり、健康診断や人間ドックで体に異常がないか確かめてみることもおすすめします。

こまめな水分補給

寝起きや空腹時、ストレスを感じたときに口臭が気になるのは、唾液の分泌量が減って口の中が乾燥するためです。
このような生理的口臭には、こまめな水分補給が効果的です。
水分補給にはカフェインを含むお茶やコーヒーなどは向いていません。
カフェインには利尿作用があるため、余計に体から水分が出ていってしまいますし、交感神経が活発になるので唾液の分泌量がさらに減ってしまいます。
ただの「水」で水分補給するようにしましょう。

空腹になるのを避ける

空腹になるとネバネバした唾液が分泌され、口臭がきつくなりがちです。
できるだけ空腹を感じることのないよう、1日3食の食事をしっかりとるように心がけましょう。
唾液を出すことは自律神経を整えることにもつながります。
よく噛んで食べ、唾液の分泌を促してください。
空腹を感じたときはできるだけ水を飲むようにして、口の中が乾燥するのを防ぎましょう。

食後の口の中のケア

食後は口の中が酸性の状態になっているので、これを中性に戻すことで口臭をなくすことができます。
食後の口の中のケアとしておすすめの方法は、「水で軽く歯をみがいてすすいだ後、水を含んだまま舌の表面を口内天井部分にこすり合わせて洗い、含んだ水を飲み込む」というものです。
食後、口の中が酸性のときに歯みがきをすると歯が薄くなる可能性があるので、歯みがきは避けるべきです。
また、歯みがきをすることで口臭を防ぐ役割を持つ唾液を洗い流してしまうため、逆効果になってしまいます。
食後の口の中のケアは、正しい方法で行うようにしてください。

4.歯医者に相談してみよう

生理的口臭以外の口臭の場合、口内環境が原因となっているケースが多いと言われています。
つまり、虫歯や歯周病を治療して歯と歯茎を健康に保つことで、口臭を改善できるのです。
「口の中のケアをしっかりと行っているのに口臭が気になる」という場合は、ぜひ一度歯医者に相談してみてください。
口臭の原因として考えられる虫歯や歯周病があれば治療し、過去に治療した被せものが合っていないなどのトラブルが起きていないか確認してもらうことができます。
さらに歯医者で正しい歯みがき方法を教えてもらえますし、定期的に通って歯石を取り除いてもらうことで、歯と歯茎の健康を維持することが可能になります。
これによって口臭の悩みを解決することができるかもしれませんよ。
歯周病の治療を目的として補助的に口臭治療を行うのであれば保険が適用されますので、初診でも3000円程度の費用で済みます。
ただし、自費診療の口臭検査となると費用は各歯医者によって異なりますので、事前に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。

まとめ

  • 口臭の原因になっているものは?
  • 口臭をチェックするには?
  • 口臭を改善する方法
  • 歯医者に相談してみよう

いかがでしたでしょうか。
口臭の原因と対策を知って「口臭を何とかしたい」と思っている人は、ぜひこの4点を参考にしてみてください。
「今まで何をやっても消えなかった」という口臭も、改善されるかもしれませんよ。