よく噛むことの5つの効果とメリット


「よく噛むのは消化によい」のはよく知られています。しかし、よく噛む効果はそれだけではありません。健康や美容にも、さまざまなメリットがあるのです。それでは、よく噛むメリットを5つご紹介します。よく噛んで健康な毎日を送りましょう。

  1. ダイエットに効果的
  2. 脳の回転が速くなる
  3. 美容効果がある
  4. 成人病予防になる
  5. 虫歯になりにくい

1.ダイエットに効果的

1-1.食事のペースをコントロールできる

よく噛むと食事のペースはゆっくりになります。すると、早い段階で脳の満腹中枢に連絡がいき、「十分に食べた」と感じるのです。逆に、よく噛まずに急いで食べるなら、満腹中枢では「まだ食べ足りない」と感じ、たくさんの食べてしまうでしょう。

1-2.胃腸の調子を整える

きちんと噛むと、胃腸への負担が減ります。噛むと唾液がでるため、消化が促進されるのです。また、きちんと咀嚼(そしゃく)した食べものは、胃で消化しやすい状態になるでしょう。消化がよいなら、肥満を防ぎ、バランスのとれた体型になるのです。しっかり、噛まなければ、胃がたくさん働かなければなりません。そのため、胃酸が過多になり、胃潰瘍や胃がんの原因になるのです。

1-3.脂肪の燃焼を助ける

よく噛むなら、ヒスタミンが脳内に生まれます。ヒスタミンには脂肪をエネルギーにする作用があるのです。体はすぐに必要なエネルギーのために、糖分をエネルギーに変える傾向があります。しかし、糖ではなく脂肪がエネルギーになるなら、ダイエット効果があるわけです。

2.脳の回転が速くなる

2-1.記憶力がよくなる

よく噛むと脳の神経が刺激されます。そのため、脳が活性化して、記憶力を助けるのです。特に、記憶のために働く「海馬(かいば)」が活性されます。ですから、勉強中に記憶力を高めたいなら、ガムを噛みながら勉強するのもよいでしょう。

2-2.認知症予防になる

よく噛むと頭全体の血流がよくなります。脳への血流もスムーズになるのです。アルツハイマーなどの認知症は、脳のエネルギー不足が主な原因と言われています。そのため、歯を大切にして、よく噛むのは何歳になっても大切なのです。

2-3.集中力を高める

記憶力が刺激され、脳への血流がよくなれば、集中力も高まります。仕事中にガムを噛むわけにはいきませんが、少なくとも食事中によく噛むだけで仕事の効率があがるのです。休憩時間には、お茶だけではなく、カロリーが低く、噛みごたえのあるものを食べましょう。集中力のアップを期待できます。

3.美容効果がある

3-1.小顔効果を期待できる

口の周りの筋肉は、よく使うと引き締まります。特に咬(こう)筋や口輪(こうりん)筋は、食べる以外では使う機会の少ない筋肉です。口の周りの筋肉が引き締まると、小顔効果が期待できるでしょう。逆に、よく噛まなければ、筋肉がたるみ、顔もたるみます。

3-2.シワが少なくなる

顔の筋肉が引き締まるなら、シワも減ります。また、余分な肉がつきにくくなるでしょう。しかし、よく噛まないなら、顔にたるみやむくみがでるため、シワが増えるのです。

3-3.髪がきれいになる

しっかり噛むと栄養を十分に吸収できるため、髪にも栄養が行き渡ります。また、噛むことで頭の血行がよくなり、髪がきれいになり、育毛効果も期待できるのです。逆に、しっかり噛まないなら、髪が栄養不足になり、脱毛や白髪になりやすいでしょう。

4.成人病予防になる

4-1.栄養バランスを整える

よく噛むと食べ過ぎを防げます。食べ過ぎは胃腸の調子を悪くし、脂肪や糖分の過剰摂取になりがちです。また、体に老廃物がたまり、疲れやすくなるでしょう。体を動かす気力がうすれ、運動不足になります。この悪循環は、「よく噛まない」ことから始まるのです。

4-2.血糖値を下げる

よく噛むと、食べるスピードがゆっくりになるため、血糖値もゆっくりと上昇します。そのため、血糖値を調整するために必要なインシュリンも適度にでてくるのです。しかし、急いで食べるなら、インシュリンが急いで分泌されるため、インシュリンの生成が間に合いません。そして、インシュリンが十分ではないと、血糖値があがったままになり、糖尿病を誘発するのです。

4-3.ガン予防にもなる

しっかり噛むと唾液が多くでます。唾液に含まれている酵素には、発がん性物質を出す作業があるのです。唾液の殺菌力は強いため、体によくない物質への、いわば「毒消し」作用も期待できます。ですから、体調の悪いときこそ、たくさん噛みましょう。体調の早い回復も期待できます。

5.虫歯になりにくい

5-1.唾液の効果

唾液には殺菌力があるため、虫歯予防に最適です。唾液は、虫歯を増やすミュータンス菌やミュータンス菌が作る酸を退治します。また、唾液が多いと口臭予防にも効果的です。よく噛むことで口内環境をしっかり整えることができるでしょう。

5-2.歯並びの調整にも効果的

よく噛むなら、あごの筋肉が鍛えられます。あごの筋肉や骨がしっかりしていると歯並びがよくなるのです。特に、あごの筋肉の発達は、子供のときに大切でしょう。小さいときに、よく噛む習慣があれば、歯並びもよくなるのです。

5-3.歯を健康に保とう

歯を健康に保つなら、よく噛む習慣も維持できます。逆に、歯の調子が悪ければ、噛む量も減るでしょう。歯の調子が悪ければ、食欲も減退し、十分な栄養をとれません。歯の健康は体全体の健康に大きな影響があるのです。

まとめ

いかがでしたか?よく噛むことには、ダイエットや認知症予防、美容効果や成人病予防、虫歯予防など数多くのメリットがあります。体の調子が悪いときは、普通以上に噛む量を増やしましょう。しかし、たくさん噛むためには、歯が健康でなければなりません。歯をいつも健康に保つために、歯医者で定期的な検診を行い、自分の歯を長く維持できるよう努力しましょう。