【必読】歯茎の痛みは放置禁止! 効果的な対処法・治療法を解説!


歯茎に痛みがあると、食事のときに不自由するだけでなく、いつも気になって仕方がありません。しかし、歯の痛みよりも軽視してしまう人が多く、放置してしまった結果、悪化して歯医者にやってくる例もあります。歯茎の痛みは、気づいたときに適切な対処をし、必要な治療を受けることが大切です。今回は、歯茎の痛みに関して主な原因を探り、効果的な対処法や治療法など、詳しく解説します。

  1. 歯茎の痛みについて
  2. 歯茎が痛いときの応急処置や対処方法
  3. 歯茎の痛みの治療について
  4. 歯茎の痛みに関するよくある質問

この記事を読むことで、歯茎の痛みに関する基本が理解でき、症状の改善に適切な方法を採ることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.歯茎の痛みについて

最初に、歯茎の痛みの基本として、主な原因や症状・放置するとどうなるかなどについて詳しく解説します。

1-1.歯茎が痛む主な原因

歯茎が痛むときについて、口腔内・口腔外それぞれの原因を学びましょう。

1-1-1.口腔内に原因があるもの

歯茎の痛みは、口腔内に原因があるものが多くなります。たとえば、以下のようなものですね。

  • 親知らずが歯茎を刺激している
  • 歯肉炎や歯周病を発症している
  • 食品のカスがはさまっている
  • 歯の根元が膿(う)んでいる(歯の根幹部分の病気)
  • インプラントやブリッジが歯茎に当たる

1-1-2.口腔外に原因があるもの

歯茎に痛みの原因が、口腔外にあることもあります。たとえば、疲労やストレスがたまっているときは痛みが出やすいので気をつけましょう。また、妊娠中の女性は、ホルモンバランスの変化が原因で歯茎の痛みを訴えることがあります。口腔内を調べてもはっきりした原因がわからないときは、そのほかの理由もよく考えてみましょう。

1-2.歯茎の痛みの主な症状

歯茎の痛みにも、さまざまなものがあります。たとえば、以下のようなときに痛みを感じることが多いものです。

  • 食べものをかむと痛む
  • 何もしなくても痛む
  • 歯ブラシが当たると痛む
  • 冷たいものや熱いものを飲食すると痛む

痛み方も、しみるように痛む・ズキズキする・にぶい痛みが続くなど、人によっても感じ方が異なります。

1-3.歯茎の痛みと併発する症状

歯茎の痛みには、以下の症状が併発することがあります。

  • 歯茎の腫れ
  • 歯茎の出血
  • 歯痛
  • 頭痛
  • 発熱

1-4.歯茎の痛みを放置するとどうなるか

歯茎の痛みは、歯痛と比べて放置してしまいがちです。しかし、放置することで症状が悪化し、治療に時間がかかることになるのでやめましょう。歯茎の痛みを感じたときは、すぐに適切な治療を受けるべきです。

2.歯茎が痛いときの応急処置や対処方法

歯茎が痛いときの応急処置や対処方法を詳しく解説します。

2-1.鎮痛剤を飲む

痛みを早く取りたいときには、鎮痛剤を飲む方法があります。体質や症状に合ったものを飲んでみましょう。市販の鎮痛剤を服用するときでも、薬剤師に相談してから購入してください。なお、鎮痛剤を飲んでも痛みが改善しない場合は、すぐに医師に相談しましょう。十分に間隔を開けずに追加して服用することはやめてください。

2-2.食事に気をつける

歯茎が痛むときには、以下のものを食べないようにしましょう。かむことや食品の刺激によって痛みが強くなります。

  • 固いもの
  • 刺激が強いもの(辛いものや酸っぱいものなど)
  • 極端に熱いもの

歯茎が痛むときは、できるだけかまずに飲み込むことができる食事をおすすめします。おかゆやスープなど、やわらかいものを中心にした食事で栄養を摂取してください。

2-3.子どもや妊婦の場合について

子どもは、歯茎の痛みをうまく表現できないことがあるものです。食事や歯みがきを嫌がる・口の中によく手を入れる・口の中が痛い素振りをするなどの行動が見られたら、受診をおすすめします。歯茎を触れて痛みがあるところに病変があることが多いので、早めに受診してください。妊婦の場合は、女性ホルモンの影響で歯茎に痛みを感じることがあります。歯医者に行く場合は、妊娠中であることを申告し、胎児に安全な方法で治療を受けましょう。

2-4.歯茎が痛いときの応急処置や対処方法に関する注意点

自分で対応しても、症状が改善しなかったり時間の経過と共に悪化してきたりした場合は、すぐに歯医者に相談しましょう。面倒だからとか、気のせいという理由にして、そのままにしないでください。また、応急処置はあくまでも一時的なものに過ぎません。正式な治療を受けるまでのものであることを理解し、過信しすぎないようにしましょう。

3.歯茎の痛みの治療について

歯茎の痛みの治療について、病院に行ったほうがいい場合や治療法・薬など、詳しく解説します。

3-1.歯茎の痛みで病医に行ったほうがいい場合

以下の症状があるときは、早めに病院に行ってください。

  • 痛みが徐々に強くなっている
  • 痛みの範囲が広がっている
  • 腫れや出血を伴っている
  • 我慢できないほどの痛みがある
  • 食事に支障が出ている
  • 発熱がある

3-2.歯茎の痛みの治療について

歯茎の痛みの治療は、以下のような流れで進みます。痛みの原因を根絶するためには、数か月の治療期間が必要になる場合もあるでしょう。

  1. 医師による問診
  2. 口腔内の視診
  3. レントゲン・CT撮影
  4. 診察結果から原因を判断する
  5. 必要な治療を行う

3-3.歯茎の痛みで出される薬について

歯茎の痛みを軽減するために、抗生物質を処方されることがあります。抗生物質は、歯茎の炎症を抑えるため、痛みに効果があるのです。量や回数を多くすれば効果が高まるものではありません。服用する際は、決まった用量と用法を守りましょう。なお、薬アレルギーがある人やほかの病気の治療のために薬を服用中の人は、問診の際に申告してください。思わぬ副作用を防ぐことためにも忘れないようにしましょう。

3-4.歯茎の痛みの治療に関する注意点

歯茎の痛みの治療効果を高めるためにも、歯科医師から治療方針について詳しい説明を受けましょう。不明な点があったらそのままにせず、わかるまで説明してもらうことです。適当に聞き流していては、治療に向き合うことができません。悪化させずに、完治するためには、医師の指示に従うことが大切です。

4.歯茎の痛みに関するよくある質問

最後に、歯茎の痛みに関するよくある質問に回答します。不安を残さないためにも、それぞれ参考にしてください。

Q.歯茎の痛みで受診する歯医者の選び方は?
A.歯茎の痛みに限らず、長くつき合うことができる歯医者を選ぶためには、以下のポイントを重視してください。

  • 歯茎の痛みを含め歯科治療で豊富な実績がある
  • 治療技術が高い
  • 最新の治療方法や機器の導入に積極的
  • 院内設備や備品が清潔
  • 治療方針の説明がわかりやすい
  • 医師やスタッフの感じがいい
  • 治療費が明確なシステム
  • 予約を入れやすいシステム
  • 職場や家から通いやすい立地

なお、当かみや歯科でも、歯茎の痛みの治療だけでなく、虫歯や歯周病の治療と予防などをはじめ、多くの実績があります。口内環境を常に健康に維持するためにも、ぜひご相談ください。

Q.歯茎の痛みが移動する気がするのですが?
A.歯茎の表面ではなく、深層部に原因がある可能性があります。自己判断で放置せずに、速やかに歯医者に行きましょう。一時的に症状が消えた場合でも、油断は禁物です。早めに原因を特定し、治療を受けましょう。

Q.歯茎が痛むときに避けたほうがいいことは?
A.歯茎が痛むときは、激しい運動や入浴は避けてください。また、飲酒も厳禁です。全身の血行を促進して、炎症が悪化する可能性があります。痛みが引くまでは、安静に過ごしましょう。また、気になるからという理由で痛みがある部分を手で触れないようにすることも重要です。

Q.朝起きたときに歯茎が痛む理由は?
A.朝起きたときだけ歯茎が痛む場合、次の原因を考えることができます。

  • 歯ぎしりによる歯茎への負担
  • 細菌感染による歯茎の炎症

寝ている間は口内環境が悪化しやすいものです。寝る前の歯みがきが不十分だったり口を開けて寝ることでドライマウス(だ液不足)になったりすると、歯茎が痛むことがあるので気をつけてください。

Q.歯茎の痛みの治療は保険適用ですか?
A.健康保険適用となるので安心してください。3割負担の場合は、1万円の治療費が3,000円で済むことになります。なお、初診や求められたときには健康保険証の提示を忘れないようにしましょう。提示できない場合、全額自己負担となる場合があります。申請により後日返納となるにしても一時的な負担が大きくなるので注意しましょう。

まとめ

今回は、歯茎の痛みについて詳しく解説しました。痛みを解消するためには、原因を正しく突き止めることが大切です。原因が判明したら、すぐに改善してください。なお、歯茎の痛みがなかなか改善しない場合は、何らかの病気が隠れていることがあります。信頼できる歯医者を受診して、しっかりチェックしてもらいましょう。早めの受診で症状の悪化を防ぐことができます。歯茎の痛みを軽く見ず、必要な治療を受けてください。