日本人の口の中は金属だらけってホント!?

以前から日本の保険治療で行われていた金属による虫歯修復方法には二つの方法がありました。

埋めるときはやわらかくて後で硬くなる金属の「アマルガム」と、虫歯を削った穴の型どりをしてつくる「インレー」です。

しかし昨今、金属に対するさまざまな問題が指摘されているのをご存知ですか?

金属の欠点
・アマルガムには水銀が含まれている。
・金属アレルギーを起こす人もいる。
・固すぎると歯が欠けることがある。
・見た目が悪い。

・色々な種類の金属が口の中にあるとガルバニー電流が発生する。

当院では金属を使わない方法として、白いコンポジットレジン修復法(保険治療)、より固く白い材料であるハイブリッド・セラミックス・ジルコニア(自費治療)などを提案しています。

保険で可能なコンポジットレジン修復法は・・
・なるべく小さな範囲で治療が可能。
・詰め物が白いので目立ちにくい。
・型どりの必要がない。
・数年で変色や欠けることがあるが、リペア可能。

※より審美的で耐久性のあるものを望まれる方はハイブリッド・セラミックス・ジルコニアなどの材料をおすすめします。
また、神経を取って補強のために金属を根にいれた「差し歯」では、歯根と金属のたわみの度合いが違うため、根にヒビが入り歯の破折をおこし、抜歯になることもあるので、当院では、差し歯の補強で使う場合は、金属ではなくグラスファイバー製の支柱をおすすめします。(自費治療になります。)


  1. かみや歯科 HOME
  2. メタルフリー・金属を使わない治療