当院では大口式インプラントをとりいれています。

歯が抜けてしまったところの顎の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工歯を付けるインプラント。

インプラントは危険だと思っていたり、治療に不安を感じている方も多いと思います。

かみや歯科では、事前に十分なCT検査とカウンセリング、診断と治療計画のご説明をし、患者さんには安心して治療を受けていただきます。


大口式インプラント_img

インプラントの術式は一般的に骨をドリルで削ってその穴に人工歯根を埋める方法をとっておりますが、当院では骨へのダメージを少なくする方法を採用しています。

その方法とは・・・

大口式インプラント
始めに骨の表面に小さな穴を作り、そこから、特殊な器具を使いすこしずつ穴を広げていきインプラントを埋入する穴を作る方法です。ドリル式の手術法とは異なり、骨をほとんど削らずにインプラント治療が可能です。そのため、骨のやわらかなケースや骨の幅の少ないケースにも対応可能です。

その他の方法として、骨を削る必要がある場合にはピエゾサージェリーを採用しています。

ピエゾサージェリーとは・・・
三次元超音波振動を利用した骨の切削器具です。従来のドリルと違い、血管や神経などの軟組織を傷つけずに骨だけを削ることができます。切削時に熱を出さずに最小限の骨だけを削ります。

これらの方法を用いて組織へのダメージを少なくすることで術後の腫れや痛みを減らし、患者さんのストレスを軽減しています。

  1. かみや歯科 HOME
  2. ドリルで削らないインプラント