Kamiya Dental Clinic
静岡市葵区鷹匠3丁目18-4(鷹匠公園そば)
    
  1. トップページ
  2.  > 
  3. 診療案内
  4.  > 
  5. 詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

虫歯治療では虫歯になった歯に詰めたり被せたりします。
患者さんに納得して治療していただけるように各種素材を詳しくご説明します。

保険治療か自費治療か

保険治療では金属を部分的に使ったり、被せものにします。
また、CAD/CAM冠(キャドカムカン)という保険適用の白い冠もあります。(適用の限りがあります)

自費治療では、より自分の歯の色に近く自然で、非常に硬いセラミックスが主流です。

保険治療のメリットデメリット

金属の冠は、歯科技工士がワックスで形を作り金属を流し込んで作成します。
CAD/CAM冠は削った歯の形をコンピューターでデザインして削り出して作ります。
それぞれ全く違う製法です。メリットは費用が抑えられることです。
金属のデメリットは、見た目はもちろん、セラミックスに比べて汚れが付きやすいことです。

歯科用接着剤を使い金属を被せますが、年月と共に接着の層がもろくなり被せた金属と土台にわずかな隙間ができます。その後、そこにバイキンが進入して虫歯になることがあります。また、歯と金属の硬さは違うので、すり減り方の違いから段差ができ、わずかな隙間からバイキンが入り中で虫歯になってしまうこともあります。
CAD/CAM冠はプラスチックとセラミックスの中間で、セラミックスより柔らかく、噛む力が強い人では割れることがあります。また、使っていくうちに表面が削れて着色することもあります。さらに、色のバリエーションが少ないこともデメリットです。

自費治療のメリットデメリット

口の中に金属が見えるのは嫌だという方は、セラミックスが適しています。
非常に硬い陶器のようなもので、より歯の色に近い材質です。
色が白くて自然というだけでなく、表面がツルツルしているので金属やプラスチックよりバイキンがつきにくいのです。治療した箇所と歯の境目は、その後虫歯になりやすいのですが、セラミックスは接着もしっかりしているので、境目からの虫歯になりにくいメリットがあります。
また、セラミックスの場合はその人の歯の色をチェックして作るオーダーメイドです。歯の溝なども自然な感じで再現できます。セラミックスは、ジルコニアセラミックスなど、種類や硬さがいろいろあります。費用がかかるのがデメリットと言えます。